神田川に棲む魚、生き物のご紹介です。果たして神田川で魚釣りは出来るのか?

川と生物の紹介、釣り方の紹介
東京都千代田区外神田です。東京の真ん中でアオサギを見かけ驚きました。大きいので迫力があります。

千代田区に行く機会がありましたので、神田川を見てきました。
神田川とは東京都を流れる一級河川。東京都三鷹市の井の頭池が源流となります。東京都台東区、中央区、墨田区の境界にある両国橋の脇で隅田川に合流して海へとそそがれます。
流路計24.6km。都心を流れる川で全域開渠はとても珍しく、しかも中小河川としては最大規模の大きさである。。と、調べるとそのように書かれてありました。
以前から神田川を見るたびに魚がいそうだなぁ、魚釣りしても大丈夫なのかな?などと考えていました。いつ見ても釣れる雰囲気があります。
記事の最後に釣り用品を載せておきます。ご覧ください。

ユリカモメ一羽しかカメラに収められませんでしたが、数十羽群れて飛んでいました。小さくて可愛い鳥です。



神田川ではユリカモメとアオサギを見かけました。アオサギがいるということは、つまり、魚がいることになります。(サギは魚を食べますので、)

そこで、神田川で釣りができるか調べてみました。。結論としてはできます。
ウナギを釣っている動画も見ました。
*ただし、役所に問い合わせると基本的にはしてほしくない。との回答が来るみたいです。東京都内であり、人の往来が沢山あることを考えると事故につながる恐れもあるため、当然上記の答えになるのだろうと思いました。

釣り自体は禁止はされていないようですがあまり好ましくないとの事です。それでも、どうしても釣りをしてみたいとお考えの場合は、人に気を付けて、人気のないところを探す。周りに迷惑をかけずに釣りができるところを探すことが考えられます。*夜中に到着。朝方まで釣りをして帰るなどの工夫も必要かもしれません。
神田川で釣りをする他の方法としては、市ヶ谷フィッシュセンターに行くことも考えられます。ここは釣り堀になります。*1時間1000円程で都内で釣りが楽しめます。金額は各自ご確認の上遊びに行ってください。2022年は円安が進みどこもかしこも値段が上がってしまっているため確認が必要です。魚の種類にこだわりがない方は良いかもしれません。釣れる魚はコイ、小さなコイ、金魚、川魚になります。
熱帯魚、金魚、メダカ、水草、両生類を扱っています。タナゴ類も扱っていると思います。以前、ゼニタナゴを販売していたのを思い出しました。興味が出た方は、是非お調べください。
アクセス
JR総武線 市ヶ谷駅 
東京メトロ 有楽町線/南北線 市ヶ谷駅(1番出口)
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅(1番出口)

神田川で釣れる魚を調べました。
井の頭公園モツゴ、コイ、金魚、ヘラブナ(ゲンゴロウブナ)、ギンブナ、ナマズ、ブラックバス、ブルーギル、トウヨシノボリ、ヌマチチブ、ウナギ、ウキゴリ、井の頭池水門から蔵下橋ウナギ、コイ、錦鯉、カワムツ、オイカワ、フナ、アユ、タモロコ、モツゴ、ギンブナ、ヘラブナ、キンギョ、タナゴ、ドジョウ、トウヨシノボリ、ソウギョ、ブラックバス、ブルーギル、蔵下橋から末広橋ウナギ、カワムツ、オイカワ、タモロコ、モツゴ、コイ、錦鯉、キンギョ、ギンブナ、タナゴ、ドジョウ、トウヨシノボリ、末広橋から瀧澤橋ウナギ、オイカワ、カワムツ、モツゴ、コイ、錦鯉、ドジョウ、ブラックバス、ブルーギル、瀧澤橋から江戸川橋ウナギ、オイカワ、カワムツ、アユ、ウグイ、タモロコ、モツゴ、コイ、錦鯉、ギンブナ、ドジョウ、ライギョ、ボラ、マハゼ、アカエイ、スズキ江戸川橋から柳橋ウナギ、コノシロ、コイ、錦鯉、ギンブナ、ウグイ、マハゼ、ボラ、スズキ、アカエイ等です。
*実際には魚もそのほかの生き物も移動するので限定的ではなく神田川を幅広く移動しながら生息していると思われます。代表的にみられる魚を載せました。実際にはもっと多種多様な生物が生息しているはずです。

他には、スッポン、亀類数種(ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメの愛称で知られています。)イシガメ、クサガメ)、スジエビ、ミナミヌマエビ、テナガエビ、ザリガニ、タニシなど

鳥類マガモ、カルガモ、オシドリ、カイツブリ、セグロセキレイ、コサギ、ダイサギ、カワウ、カモ、キジバト、ドバト、ユリカモメ、カラス、アオサギなど

魚釣り、捕り方延べ竿釣りから、ルアーフィッシング、川に入っていける上流のほうでしたら網で捕まえることもできると思います。
動画ではありますが、上流はともかく東京のど真ん中で釣りをしている人を実際に見たことはありません。沢山の人がいますし、釣りをしている人がいればとても目立つことでしょう。躊躇してしまいます。しかし、あのいかにも何か潜んでいる雰囲気を見ると釣りをしたくなってしまいます。釣りをしているがいないということはもしかしたら沢山釣れるかもと期待も膨らんでしまいます。

は赤虫、ミミズ、練り餌、サシ、のどれかでよいと思います。ルアーフィッシングもできると思います。

しかし、*くどくなってしまい申し訳ありません。
特に禁止はされていないとは言っても、東京です。どうしても釣りをしたくなってしまった時には事故を起こさないよう細心の注意を払って、危険を未然に防ぐことを考えて自己責任の上、マナーを守って行うようにしてください。
*東京都内です。決して勧めているわけではありません。神田川は人が少ない上流のほうが釣りには適していると思います。
時間があるのであれば、もっと釣ることに適した場所は東京近郊にはたくさんあります。そちらで安全に楽しく釣り、魚取りを楽しんでいただけたらと思います。

釣りはあまりお金をかけることが無くとも準備が出来ます。しかも面白いです。是非、自然を眺めながら釣りをしていただけたらと思います。
*私が使用している竿は仕掛けと餌も合わせて1,500円しないくらいです。2.7m手竿、小鮒釣りの仕掛け、ミミズかサシを使用しています。小さな魚でしたらそれで充分釣り上げることが出来ます。よろしければ皆様もお試しください。

これからも色々な場所の釣り情報を記事にしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました